部屋の模様替え、自分でできる壁紙の貼替え

スポンサーリンク

気分を一新したいときにオススメなのが部屋の模様替えです。

特に壁紙は部屋の大部分を占めているため、張り替えるだけで印象が大きく変わります。

ここでは「部屋の模様替えをしたいけども自分でするのは難しそう・・・」と考えている方のために、
・壁紙の張り替えは自分でできるのか?
・壁紙にはどんな種類があるの?
・DIYでの貼替えと業者へ依頼した場合ではどっちが安いの?
といった疑問に、ポイントを含めて紹介していきます。

壁紙の貼替えはどんなとき?おしゃれな壁紙♪


部屋を模様替えして気分転換をしたい!風呂やトイレの印象を明るくしたいとき!
といったときには、壁紙を張り替えるだけでガラリと印象が変わるため、非常に効果的です。

壁に壁紙を張り替えるだけではなく、余った壁紙を家具に貼り付けるだけでも、いつもとは全く異なる部屋の印象を演出することもできます。

湿気を吸放出して結露やカビを防ぐ、汚れを防ぐ表面処理、消臭など壁紙の材質で健康や快適性を向上できる壁紙もありますので、部屋の雰囲気だけなく、壁紙には部屋の環境を整える効果も期待できます。

特に、壁紙に使われているのり(粘・接着剤)のほとんどは、シックハウス症候群対策に対応していますよ。

しかし、壁紙を張り替える一番の効果は印象をガラリと変えることです。
出来ればおしゃれで時代のトレンドを感じられるものを選びたくなりますよね。

最近の壁紙トレンドのキーワードを並べてみると、
「男前インテリア」
「レンガ柄」
「タイル柄」
「北欧柄」
などがあげられます。

スポンサーリンク

失敗しない模様替え~DIYに挑戦~

いざ部屋の模様替えのために「壁紙を張り替えよう!!」と思い立っても少し待ってください。

好みの壁紙を見つけて購入し、いざ張り替えてみたら
「なんだかイメージと違う・・・」
「こんなはずじゃなかったのに・・・」
と後悔したくはありませんよね。

貼り付けた後に後悔しないためにも、壁紙選びにはいくつかのポイントがあるのです。
ここではそれらのポイントについて紹介していきますよ。

失敗しない壁紙選び


壁紙は、部屋の照明、部屋の広さ、家具類の配置を考慮した上で、全体をイメージした上で選ばないといけません。

壁紙の色や柄などデザインだけに目を取られずに、ドア、部屋に置かれている家具、テレビ、空気清浄機、エアコンなどの色との調和が必要です。
壁紙を貼ったものの、家具類を配置すると、部屋のバランスが崩れてしまったということになりかねません。

また、照明を灯すと期待していた雰囲気を生み出してくれないというケースもあるので注意が必要です。

部屋全体の雰囲気をデザインする場合、スペースが狭い部屋には小さな柄で圧迫感を軽減する、広い部屋では大きめの柄を使って空間の広さを強調するのが基本です。

壁だけでなく天井も貼り替える場合には、それぞれの色の明暗で、部屋の雰囲気が変わります。
天井に明るい色を使うと天井が高く、天井を暗めの色にすると空間が落ち着いた雰囲気になりますよ。

いまいち全体のイメージがわかないといった方は、「サンゲツ」や「ルノン」といったインテリア商品を扱う会社のホームページをのぞいてみましょう。
コーディネート例が紹介されているので参考にしてみるとイメージがわきやすくなりますよ。

サンゲツの壁紙はこちらから
ルノンの壁紙はこちらから

ショールーム展示もありますので、足を運べる方は是非実際に目で見て確かめてみることをオススメします。

壁紙の種類、クロスって?


壁紙は、一般にクロスとも呼ばれています。
もともとは建築業界の用語ですが、今では一般的に使われています。

DIYで使う国産壁紙には、生のり付きタイプと、貼った後に剥がせるシールタイプがあります。
どちらも壁紙表面に貼られたフィルムを剥がし、壁サイズに合せてカット、そのまま貼り付ける簡単な工程で作業が完了します。

生のり付きタイプは、のりが固まるまでに時間の余裕があるので、多少のズレであれば修正できるので初心者にとっては有難いタイプですよ。
一方で、シールタイプは貼った後でもきれいに剥がせるので、修正が可能です。
そのため、賃貸住宅など原状復帰が必要な部屋の模様替えに向いていますよ。

DIYで使う輸入壁紙の特徴は、一般にデザイン性が高く価格は国産壁紙に比べ高めですが、おしゃれな部屋の雰囲気作りにこだわる場合はオススメです。
輸入壁紙は、主にフリースと紙の2種類です。国産壁紙とは貼り付け方に違いが見られ、壁にのりを塗って壁紙を貼り付けるフリースタイプ、壁紙にのりを塗って貼り付ける紙タイプがあります。

壁紙の貼替え、業者依頼とDIYの比較


おしゃれな壁紙を選ぶことも楽しいですが、やはり費用も気になるところですよね。

自分で壁紙を貼替える場合と、業者へ依頼する場合とでは、どれくらい費用の差がでるのか概算で比較してみました♪

業者へ依頼する場合の標準的な相場は、施工込みで1㎡で1,000~1,500円くらいです。

一方、通販で買えるDIY用ののり付きタイプは300円/㎡が中心的な価格帯です。
さらに200円/㎡くらいで販売されている商品も見受けられます。

業者への依頼、DIYともに壁紙の品質によって、この金額は上下します。
業者依頼単価は施工費が含まれるため、どうしても、㎡単価でみると大きな差がついてしまうようですね。

自分で壁紙を購入して施工する場合には、はさみや定規など、必要な道具類が揃っていれば壁紙代以外の費用はかかりません。
なお業者へ依頼する場合には、巾木の塗装や下地処理の程度、工事に伴う家財の移動などの付帯的な費用がかかる場合があります。
事前に、費用総額を確認していおいた方が無難ですね。。

業者へ依頼する最大のメリットは、失敗が無い完成度の高さです。
DIYの場合には、どうしても完成度が心配になってしまいますよね。
それでも、最近の壁紙は初心者でも上手く貼れる工夫がされているので安心です。

また、ネットの動画で貼替え手順を紹介するなど、非常にユーザーフレンドリーな環境が整っているので、自分の手で空間を演出したい!という方には今が挑戦のチャンスかもしれませんよ。

一緒にデスクトップPCやノートPCの壁紙も変えてみよう


壁紙を張り替えて部屋の模様が変わって気分一新!!

少し調べ物でもしようと思ってパソコンを開くと以前のまま。。。

というのは非常にもったいないですよ!!

今やインテリアの一部ともなっているように普及したデスクトップPCやノートPC。
部屋の壁紙を替えたら、合わせてPCの壁紙も変えてみましょう。

ここでは、無料でデスクトップ壁紙を提供している数あるサイトの内から、使いやすいものを一部紹介いたします。

写真AC
会員登録が必要となりますが、無料で利用することができます。
様々なワードを検索することで関連する写真や素材をダウンロードできます。
有料会員となると一日のダウンロード制限がなくなります。

壁紙.com
カレンダー用壁紙からアニメ画像まで幅広く利用することが出来ます。
iPhoneやAndoroid、携帯電話の「携帯待受」も利用できます。

風景写真壁紙
海外で撮影された写真の写真集が高画質で壁紙として提供されています。
世界各地の写真を利用することが出来ます。

他にも、無機質なパソコン本体に、シールタイプの壁紙をサイズを合わせて張ってみるのも部屋との統一感も出しやすいのでオススメです。

スポンサーリンク